ひまし油

生産国:インド、ブラジル等
とうごまの種子から、圧搾法または圧抽法で得られる不乾性油 である。ひまし油は水酸基をもったリシノール酸を80〜90%含む。このため粘度が高く、水酸基価 が大きく、旋光性に富み、またアルコール・氷酢酸に溶解し、
石油系溶剤に溶けにくいなど、他の植物性油脂にみられない大きな特徴を示す。
沃素価80〜90、鹸化価176〜187、アセチル価144〜150、水酸基価155〜177、不鹸化物1%以下、 屈折率nA1.475〜1.480、比重d@0.953〜0.965である。脂肪酸組成は、パルミチン酸0.8〜1.1%、 ステアリン酸0.7〜1.0%、オレイン酸2.0〜4.1%、リノール酸4.1〜5.2%、リノレン酸0.5〜0.9%、 アラキン酸0.3〜0.8%、リシノール酸87.2〜89.6%、その他0.3〜1.1%である。ひまし油は オキシ酸油の唯一の例で化学工業原料として重要である。硫酸との反応でロート油、水添によって 高融点のろう、脱水によって共役二重結合をもつ乾性油(脱水ひまし油)、熱分解でウンデシレン酸 とヘプタアルデヒド、アルカリ溶融によりセパシン酸とオクタノールが得られる。酸化(吹込み)油、 エステル化・エポキシ化などで可塑剤を得るなどの用途がある。なかでも脱水ひまし油は桐油にない 長所をもつので、塗料・印刷インキには不可欠の原料である。このほか化粧品・薬用(下剤)・ 潤滑油などとして使用される。最近ひまし油をポリオール源として用いたウレタンホームおよび ウレタン塗料の需要が増えている。