大豆油

生産国:米国、ブラジル、中国等
種子含油量は16〜20%で、大豆油は大豆から通常抽出法によって 得られる半乾性油で、わが国における食用植物の大宗をなすものである。
用途はフライ油・サラダ油など直接食用にされ、また一部では硬化してマーガリン・ショートニング の原料になる。工業用としてはペイント・ワニス・リノリウム・印刷インクなどの製造、およびエポキシ化 して可塑剤やアルキッド樹脂の製造に用いられる。
油脂分析値は、沃素価123〜142、鹸化価188〜195、比重d@0.916〜0.922、屈折率25℃1.471〜1.475、 不鹸化物1.0%以下で、脂肪酸組成はパルミチン酸10〜12%、ステアリン酸2〜5%オレイン酸20〜25%、 リノール酸50〜57%、リノレン酸5〜9%である。なお、抽出油からガム質を分離して大豆レシチンを 採取する。りん脂質を約60%含むこのペースト状レシチンは、食用・工業用界面活性剤として広い用途 があり、精製して純度を高めたものは医薬用等としても用いられる。